ハイブリット太陽電池の仕組み

| 未分類 |

太陽光発電は環境に優しい再生可能エネルギーによる発電法の中でも特に多くの方に利用されている発電法として知られており、現在も世界中で新たな太陽光発電システムの研究開発が続けられています。

そんな研究開発の中で成功したものは実際に商品として販売されるようになっており、その内の一つとして大きな注目を集めているのがハイブリット太陽電池です。ハイブリット太陽電池は複数の太陽電池の特徴を兼ね備えた非常に多くの発電量を確保する事が出来る新しい太陽電池として多くの企業や太陽光発電システム購入予定者から高い注目を集めています。

この太陽電池はどのような仕組みで複数の太陽電池の機能を持たせる事が出来るようになったのでしょうか。

現在販売されているハイブリット太陽電池の多くはアモルファスシリコン型の太陽電池や多結晶シリコン型の太陽電池といった複数の太陽電池の層を重ね合わせた二重構造になっている事が多く、更にそれらは太陽光線の波長によって光を吸収するかどうかを決定します。

例えばアモルファスシリコン型の場合波長の短い光に対して強く、多結晶シリコンは波長の長い太陽光に対して効果を発揮してくれたりといった違った特徴を持っているので、どんな環境化に置かれても安定して多くの発電量を確保する事が出来るでしょう。