a0002_005977

 

昨今のエネルギー問題を解決するための手段として大きく注目を集めている再生可能エネルギーを利用した発電システムの中でも太陽光発電システムは比較的容易にシステムを構築する事が出来ることから特に多くの方が利用しており、広大な土地にいくつものソーラーパネルを設置したメガソーラーから一般家庭向けの小型の発電システムまで実に様々な形で電力を供給しています。

 

 

そんな太陽光発電システムに使われている太陽電池も時代と共にどんどん進化しており、その内の一つであるハイブリット太陽電池は今までに無いくらいの発電量を確保する事が出来るそうです。

ハイブリット太陽電池とはどんなものなのかというと、ハイブリットの名前の通り複数の太陽電池の要素を組み込んだ画期的な太陽電池で、各メーカーで研究が続けられています。

 

 

現在実用化されているものだとアモルファスシリコンと薄膜多結晶シリコンの2層で構成されているタイプが主流となっているそうで、パナソニックやカネカなどが販売して人気を集めているそうです。

本来太陽電池は素材によって性能を発揮する事が出来る環境に違いがあったのですが、ハイブリット太陽電池の場合だとそうした欠点を補うことが可能なので、より多く発電量を確保したい方は是非導入してみてください。